シェアハウス 寄宿舎並み規制を撤回へ 国交省

ご存知かと思いますが、本日 国交省からシェアハウスの寄宿舎並みの規制を撤回へ という記事がヤフーニュース等で、出てました。私もシェアハウスを持ってます。〇野区ではちょうど工事中に9月6日ショック(規制告知)があり、近隣の通報、一か月以上の工事停止、間取り変更、何回も区の人間との折衝 嫌がらせと思えるほどの 呼び出し 工事変更 と 大変でした。でも、結果 完成させましたけど。今回の記事が出て 確かに 某インター〇ット〇フェが起こした事件が発端でしたが 結果 いまだにインター〇ット〇フェでは事実上宿泊可で シェアハウスだけやり玉に挙がってたのは いかがな物かと 実感してましたが 今回の撤回(一部条件付き)は関係各所の方がたの呼びかけ、鎮圧行動等、あったおかげと思っております。私自身、投資用ワンルームを販売していた時に 国のワンルーム規制、減価償却土地不算入、都心のワンルーム平米建築規制(ついに23区では25平米以下では新築RCワンルームは建築できなくなるそうです)と出る杭は打たれるこの仕組みは 何とかならないかと 常に思ってました。今回、話は違いますがダンス営業店すべてが風俗営業法にひっかかっていたのが、一部緩和されたり、今回のも緩和されたり、なかなか親方日の丸さんも聞く耳、世相を見ていただいてるなーと 少しは良くなったと思いました。バラエティ(?)に首相が出てみたり 結構フランクな首相で(前回病気で降りてしまった経験から2度目はないぞとの意気込みか?)土地も下がるよりは不動産に携わる者は上がっていただいたりと 前向きな話で とても良いと思ってます。シェアハウスについては賛否両論がありますので オーナー様の考え方次第としておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です